写メ日記

10月28日

2023/10/30 13:54:51

Nさん
男の全身は、付けられてからまだ日の浅い痕が軀中に残ったままだった。
まるで誉れでも説明するかのように、傷のひとつひとつを指でなぞりながら誇らしげに語る。
現実の縛りが無くなったことで叶った夢なのだから、勲章自慢もしたくなる。
こうして魅せつけられる事で劣情を煽られるのだが、私にも無遠慮な扱いを受けられても構わない意思表示でもあり、たまらず便乗した。
灼けつく痛みに被さる艶やかなエナメルは、熱を冷ますどころか昂りを増した。
目下の獣物をゴミを見る目で蔑み、粗雑に踏み荒らしながら叩き上げ、燻った火種を全身に飛び火させては追い掛けて遊び、歪んだ戯れに二人して夢中になった。
置き去りにされたリミッターを知らない子のように、遠い心の目で見ていた。



Fさん
縛っていく側から軀が火照っていく。
上気しては瞬く間に部屋の冷気に熱を奪われるので、燃え滾る内面とは逆に表皮はどんどん冷めていく。
湿り気を帯びた冷たく硬い尻を鷲掴み、隠れていた秘部をめくりあげると、低い呻きと同時にますます尻を硬くしたが、キツい縛りで圧迫された他の部位より随分緩く感じた。
縄酔いで意識の混濁する中、覚えたてのドライオーガズムを繰り返し、繰り返し、意思を働かす必要の無いまま欲望の深みにはめてやると、すぐさま快楽堕ちした。
素直な子は軀も素直。かわい。

10月26日

2023/10/28 11:20:01

Tさん
浮気性の恋人に魂ごと羽交締めにされた男の末路は実に憐れだった。
彼女の浮気咎めるどころか情事を覗き見し、嫉妬で欲情した自分自身を手で慰んでは、浮気相手の局部についた彼女の愛液を舐め取る練習までし始めた。
悔しく無いのかと聞くと嬉しいのだと答え、彼女の中に溜まった大量の体液を掃除するのが、今では男の幸せなのだという。
その幸せも、当初は下手くそだとののしられた。
罵倒される毎にキツくつねられ続けた男の乳首はブドウの粒ほど大きさになり、乳首の性感帯は見た目以上に大きく膨れ上がった。
今もこうしてイマラチオをしながら、彼女の痴態を横目にうっとりとしつつ、随喜の涙を滲ませては歪みきった愛の淵に深く緩やかに沈み込もうとしている。
もはや痛みでしか感度を得られなくなってしまった乳首は優しさを求めておらず、目の前の悪夢と痛みとの狭間で、生きながらの地獄さながらの状況下でしか逝けない軀となっていた。
傍目には憐れに違いないだろう。
しかしこれほどの幸せもそうそうは無いのだろう。

10月24日と11月出勤予定

2023/10/25 23:09:00

Yさん
寝た子を起こしてしまったらしい。
すっかりアナルの虜にされた快楽主義の愚者らしく、まるで一つ覚えのように其ればかりを求めるようになってしまっていた。
余程私の指ペニスと相性が良いのか、はたまた催眠に掛かり易い体質なのか、私の追い立てる声に全身を痙攣させながら嬌声もベッドも震わせるので、ベッドの軋みが繋がった指先に伝わって益々貴方をよがり狂わせていた。
途中の粗相がなければ更なる高みを望めただろうに。
それでも前回よりも頑張りを見せた事で、仕置きをギリギリ免れたのは褒めてあげる。
しかし……羞恥が好きなのに、罰のあれを嫌がる理由は何かしらね。



Hさん
足の甲が腫れあがるほど玉蹴りしたのは初めてだった。
薄っすらと内出血し熱く丸みを帯びた甲が、添えられた掌の冷たさに一瞬脈を早めた。
押さえる場所は違えど、今貴方も同じ時間、同じ動作をしながら今日の耽美なひとときの余韻に浸っているのだろうか。
痛みも、熱も、引いてしまうのを名残惜しく感じた。

10月21日

2023/10/24 13:51:40

Yさん
一度味わったら最後。
怒涛に押し寄せる悦楽の大波は、待った無しに欲望の深い渦中へと引きずり込む。
脳内の快楽物質に瞬く間に溺れもがき、何度も私に助けを求める嬌声上げては、痙攣はたまた夢遊病者のような奇怪な動きをし、挿入された指先の動きを必死に止めようとしていた。
いつものことながら、この時ほど愉悦にほくそ笑む時間はない。
しかし、貴方の方はまだ完全に快楽堕ちするの躊躇っているようで、毎回言っているように私がずっと側で見守っているのだから何も恐ろしいことなどはない。
むしろ悦びを共有する安心感で迷わず逝って欲しい。
人によって心構えもあるだろう。
私も気長な性質なのでとことんまでは付き合うつもりでいる。
一分一秒でも、愉悦が長い方がいいのでは、という端的なお節介なのでお気になさらずに。

お土産ありがとう。
今後もお身体気を付けてね。



Iさん
圧迫の下で蠢く器官のそれぞれを身体全てで封じてやる。
一部には生地や紐など交え締め付けていた箇所もあり、押さえ付ける手足はひとりでも十分足りた。
貴方は微睡のオーガズムの素晴らしさをよく語った。
だが、私のみている限り微睡む時間はほんの僅かしかなく、秒堕ちした後はビンタで起こすパターンがその後も連続して行われる。
堕ちている時間の方がはるかに長いのだ。
走馬灯を見ている間はものの数秒と言われているが、見ている本人は長く緩やかに感じるらしく、おそらくそれに近い微睡なのだろう。
肝心の悪魔にオーガズムの悦びを見出す夢の内容は、呆れるどころか感嘆すべき作品だった。

10月19日

2023/10/21 11:21:27

Sさん
鞭に弾かれた、張りのある肉の短い震えに肉の旨味を覚える。
しなる鞭以上に、躍動感のある艶やかな筋肉質の肌は、打たれる度にその都度応え、軀に垂らされた蝋は、肌の表面へ止まる事を拒んでしまうほど何処までも滑らかであった。
その瑞々しく美しい肉体を、我が物顔で好き勝手に汚してゆく背徳の幸福感は、陵辱の正当化を身を以て示してくれる貴方によるものだという事実を、単なる肉体に魅了された変態女にも安易に理解する事が出来た。
自分の武器を知っているのは大きな強みだ。
それは特殊性癖の相手側にも特別な旨味である。
食欲の秋を地で行くスタイル、
素敵。



Mさん
自らを足の奴隷と称する男。
眼に捉えた足を遮断出来ない所為で、足に触れられる前から既に弄ばれている始末であった。
握られた弱味を逆手に取られし顔は、次第に青みを増し、屈辱的な行為をひたすら耐え忍ぶよう強いられてからは逆に、高揚で赤く染め上がっていた。
強いている間の表情は、抑えていた笑いが止まらなくなるほど愚かしく、愛らしさで溢れていた。
可愛さのあまり、ついネチネチと嫌な焦らしも加えたりした。
開いた口の、並々と溜まっていた涎の沼に滑り込んだ時の感触が、酷く生々しい生き物だと感じたのは、口腔の深さに欲の深さを感じ取ったからだろうか。
優しく犯すには持て余すであろう欲に、上手く破滅から人生を護っているものだと屈強な理性に感心した。

差し入れありがとう。