写メ日記

8月17日

2022/08/18 23:08:48

Kさん
背を弓形に、卑猥極まりない身体をよじり乱して獣の如く喘ぎ倒す。
少しばかり大人しくさせようと、首の鎖を引き首元を絞めると益々興奮し暴れ、愚息を大きく上下に振るわせて糸引く汁を垂れ流して悦んだ。
ただの無口な男はビッチ雌犬へと化す。
憐れみの目で見下ろしてやると、間の抜けた面で口を開いてねだるので、平手打ちで泣かせてから仁王立ちで顔へ引っ掛けた。
今度は嬉し泣き……忙しい男だ。



Uさん
太腿と尻で呼吸管理。
手や足も時折混じえ、圧迫で仄白くなる顔と首を眺めながら、耳元で吐息ほどの囁きと弱い箇所への悪戯を繰り返す。
耳からの洗脳は局部の昂まりを促したようで早々に果ててしまった。
これで終わりかと思えば、再度挑む姿勢にマゾの貪欲さを感じる。
私も火がくすぶった。