写メ日記

5月31日

2022/05/31 23:13:03

Tさん
奈落に落ちた私の指と常に飢えた淫口。
こうして逆に咀嚼されるのもいい。

5月29日

2022/05/29 23:54:04

Mさん
玩具のお試しをしてもらった。
おそらく西日本一の鋭敏な躰の前には、何を差し出しても最高だから選択が出来ないのでは……の心配を他所に、しっかりと私の指チン◯を選んだあたり、キチンと区別のつく淫乱甘えんぼちゃんだと理解する。
私の指が大好きな人。

5月25日

2022/05/26 13:00:02

Sさん
マゾギマリする淫乱女は素の時とは別人格になるようで、呂律の回らない半開きの唇からは野卑滑稽な言葉が涎と共に吐き出される。
シーツの上で右往左往しては背を弓形に反らし、軀全てでも欲求を表す。
皮膚に張り付く汗と皮脂が私の指を益々滑らせた。
まだ食べ足りなさそうな両の口も、甘い調教で何度も快楽堕ちをする。
長いはずの時間は、今時期のアイスクリームの如く瞬く間に溶け落ちていた。

5月24日

2022/05/24 22:52:26

Kさん
ゴムチューブで拘束し、輪ゴムを巻いたペニバンをしゃぶり、ゴム手で呼吸管理をする。
貴方の性癖とって最高のフレーバーであり、トラウマでもあるゴム臭。
怯えながら興奮している矛盾に欲情してしまう変態女は私だ。

5月22日

2022/05/23 13:06:25

Mさん
胸の上にオイルを垂らす。
鋭敏な乳首は、好物の性感により感度を高められ、火照り始めた下腹部が慰みを欲しがり脈打ち始める。
白地に赤を施したショートケーキと同じ色合いのナプキンをデザートに添え、メインの電マが大きく震えた。
今日もエゴマゾちゃんが可愛い。



Oさん
「そういう性分なのだから仕方がない」ではなく「他の人が持たない快楽を知っている優越感」という考えに共感。
人には話せないが。