写メ日記

10月13日

2021/10/14 11:38:05

Iさん
格闘技の絞め技に悶え、キャットファイトで下腹部の興奮を覚え……やがて自身の身をもってしてブラックアウトを知るとどうなるのか。
堕ち方論は興味深かった。
君の言葉少ない端的な教え方は急所を捉える的確な位置だけ、他の位置や気持ちの迷いなどない。
人に物を教えるという事も自分の欲求のひとつであると再確認する。
輝かしい勝利の直後に、真っ暗闇に堕とされる日もそう有るものでは無いだろう。
改めて、優勝おめでとう♪



Mさん
全くそうではないのに、エゴマゾ呼ばわりしたのは愛称として。
貴方の思い出話からつい出てきた単語だったが、そう呼ばれた事を嬉しそうに話す上に特に呼び名も無かったからでもある。
だがしかし、正直な貴方は私の期待(?)を裏切りたくなかったのだろう。
「やっぱり」と思わせるエゴマゾっぷりは、最後の最後であーあ、と私に言わしめてくれた。
さすがである笑

10月8日

2021/10/09 11:11:32

Kさん
食事中に会話を楽しむのがマナー。
それならば二人きりの時は、より甘くおねだりたっぷりな品の無い会話で盛り上がるのが理想だ。
(一方的に)食べさせるのは好き。

10月6日

2021/10/07 11:08:07

Yさん
これだけ情報も変態も多様性溢れているのに、それでもまだ自身の性癖を晒すのは恥ずかしいらしい。
初心で不慣れせいもある、だがそこも(ド)変態心をくすぐられる。
打ち解けて仲良くなれたのはいいが、その結果目覚めさせてしまった欲望の急展開と急成長に喜びが隠し切れず、ニヤケが暫く治らなかったのはここだけの話。



Nさん
本当にいつも鼻が利くので感心する。
偶然を必然にすり替える能力でもあるのではなかろうかと疑ってしまう所存だ。
それもこれもご褒美の為。
知っていて用意したわけではなくとも、毎度きちんと貴方の手に渡る。
こう何度も引き寄せの法則を目の当たりにすると、私も貴方の可能性の糸をくっと強く引き寄せ試してみたくなった。

10月5日

2021/10/06 11:33:51

Yさん
囁いて、叱咤して。
淫語の抑揚をひとり愉しみつつ、カウント5を繰り返す。
0と同時に何度も鬼イキをする姿に、興奮と不安を覚えながらも薄笑いが止まらない。
そんなに私の声が好き……?
呆気ないほど哀れで、みっとも無いが可愛い男だ。



Hさん
ソーローと馬鹿に出来なくなるので、治す努力はしないでいただきたい。

10月3日

2021/10/04 12:31:17

Wさん
隙あらば逃げ出そうとする露出狂を文字通りお縄に頂戴する。
婦警の制服と麻縄の融合に感激しているこの犯罪者が、新たな性癖に目覚めたのは言うまでもない。