写メ日記 | 甘ーーーーく。無い調教♡泣かせてしまったわ♡

甘ーーーーく。無い調教♡泣かせてしまったわ♡

2019/06/04 23:29:18

今回は、無言で。

且つ。

「なに?どうしたの?」と最初じっと見つめるのみで触れずにいたら、

言葉を無くして。私の顔をちゃんと見ずに、ボソボソ。

鞭と、竹刀をパーンと、床に打って。

「どっちかだけ、選ばせてたげるわ?」

パーン!

「きつい調教か?優しい調教か?あん??」と言葉でも追い詰めると、

両目から涙が。

あはは♡♡。

「優しくお願いします・・」


あん?

優しくだ?

それじゃ、後生、会うことないわね?と、踵を返すと、足元に縋って、

「がんばりますからっ!!」と抱きついたK。

煙草に火をつけるのは、Kの役目。

そして、その煙草の火を消すのもKの役目。

勿論、その肉体を使ってね。

舌の粘膜が焼ける音。

皮膚が焼けちぢれる音。

だけど、私の真っ白な肌に触れていたら、その痛みも血持ちいいんだろう?。


焼けた皮膚に、切り裂く鞭が、何発も入り、痙攣していたわね。

ふふふ♡♡。

まあだだよ?♡♡。

こんなんで終わり??ふん、これで終わりなわけないでしょうに。

無情に皮膚を切り裂く鞭が振り落とされ、

私の肌に埋もれながら、果てたK♡。

この目で
動けなくしたわ。

言葉はいらなかったでしょ?。

脚元にひれ伏し、叫びながらイッたK。

ライターの火に照らされた顔を見ながらため息をついてぼーっと見つめていたわね。

覚えておくのよ。

お土産ありがとう(o^^o)!

またね♡♡♡。