写メ日記 | 変態脳症強制病棟で変態豚ちゃんを荒治療♡

変態脳症強制病棟で変態豚ちゃんを荒治療♡

2019/04/08 12:40:27

いつもありがとうの変態豚ちゃん♡。

前回

ドリパラ病院に転院させられ、変態脳症の治療のため、長期入院を言い渡される。

そこで、変態豚ちゃんを待ち受けていたのは、セクハラ、パワハラ、そして、被虐の数々、まるで、強制収容所のごとく、毎夜毎夜の狂った治療、加療が行われたのであった。

もはや、人間ではなく、家畜人ヤプーの如く、
犬のマスクを常時装着され、人間語を発せられないようにして、

ドアにつけた、ディルドでオナニー強要!!!。

「もっと腰を振れ!!バカ犬が!!」ときっついビンタの応酬!!。

「匂いの場所を間違えたら半殺しよ?」と目隠しされて、カレンのやらしい部位の匂いを沢山嗅がされ、
クンクン、舐め舐め。

舌は挟まれて、口の中にしまえないようにしてね!!

鞭を打たれ、蝋燭を垂らされ

時にはエロく、そして厳しく、

乳首は吸引バイブで引っ張られ、尿道にはブジー電流!!

ある方法で陰嚢や玉にも電流を当てたら悲鳴をあげてたわ♡♡♡。

変態豚には、アナル調教も必要ね!



ナースカレンにフィストを入れられ、

ほら、全部飲むんだ!

わかったわね!!♡♡♡。


フィストと同時にペニス攻めされて、多量に吹きこぼしていた変態豚ちゃんなのでした♡♡♡。

ストーリーは、実は全部続いているの♡♡♡。

また続きを楽しみにしているわね♡♡♡。

いつもありがとうね♡♡♡。

ドリンクも^_^^_^。

また是非是非待ってます♡♡♡。


写真はカレンの胸元をクンカクンカさせてるところ♡♡。

いい匂いがするみたい♡♡♡。