写メ日記 | オリンピック前の、ドーピング検査で黒。のため、精液採取されるO選手part2

オリンピック前の、ドーピング検査で黒。のため、精液採取されるO選手part2

2019/02/26 00:13:42

縛られ、逃げられないようにされたまま、尿検査の結果を待たされるO選手。

検査女医が、結果を告げる。

「禁止薬物の一部が尿より検出されました。よって、
これより、第2の検査を行います。」

慌てるO選手。

女医が、必要性を説明し、精液採取に取り掛かる。

きっと、このO選手は自慰行為による精液採取検査には協力しないと見込んでのこと。

女医は
ペニスをしごき、

「自分の意思で禁止薬物を摂取したのだろう?

それで、スポーツマンシップと言えるか?

オリンピック出場は取り消しよ。」と

告げ、

射精するようたたみかけ、

注意喚起し、

どうやら、縛られ、固定されることによって興奮するO選手の性癖まで、見抜いて、
ニヤリ。

やめろっ!と暴れるO選手だが、たとえ、アスリートだとしても、硬く緊縛されているので動くことはできない。

尻を叩かれ、自白するんだ!といわれながら、しごかれ続けるのであった。

採取してあげるわ。O選手♡♡♡。

というストーリーでした♡♡♡。

緊迫したストーリーで楽しかったね♡♡♡。

Oちゃんの感じるシチュエーション、なぜかをよく把握できて、楽しかった♡♡♡。

いつもありがとうね♡♡♡。

またしようね♡♡♡