写メ日記 | 11月19日

11月19日

2022/11/21 22:44:37

Nさん
中々ソソる格好だったので似合いの場所に縛り付ける。
固定したのは強制的精搾取実験の為。
ルーインド、話には聞いていたが互いに初めてだ。
良く知っている間柄なら大体の精量やポイント、間隔などの目安も付け易いのだが、初対面で挑むのは矢張り多少骨は折れた。
それでも新しい試みには心が躍らずにはいられなかった。
寸止めマニアだけに留まらず、先を見据え躍進する快楽主義者の挑戦は尊い。
次のチャンスが巡る頃には、互いに手応えを感じていたい。



Hさん
放し飼いのメリットは何か。
可愛がられる場所や逃げ場所、加わる手が過分であること。
だから逃げて行かないこと。
ふいに、気ままに現れたかと思えば知らぬ間に出来る事は増えており、感度や耐性、甘え方さえ上手くなっているのだから飼育が楽だ。
遠距離恋愛だときっとこうはいかない。
自身の立ち回りや愛嬌を存分に理解した野良は、愛のサバイバルにも長けているらしい。



Kさん
潤す咽頭から弾け飛び散る聖水の輝きは、不穏なライトで照らされ淫靡さを増す。
飲精も飲尿も逆立ちで受ける貴方の器用さよりも、見えている景色の方に興味が湧いた。